モバイル電源のDCDCコンバータを作った

 

前に組電池を作って、後はDCDCコンバータ部でしたが、
DCDCコンバータ部も完成しました。

後はケースに入れるだけ。

s-IMG_1967

 

今回は小型+シンプルを目指したのでスイッチは一切付けずUSB右側のジャックに
電池のプラグを挿入することで電源ON・OFFとします。
もちろん充電回路は付いていません。

電圧を監視して終止電圧になったらDCDCコンバータの出力を切り
電源を入れ直さない限りONになることはありません。
前回放電テスト時は
ecorubadcusb

6Vからの電圧降下が急激で5.6Vまで下がってます。
終止電圧検出からOFFまで1秒ほどタイムラグがあるのでその為だと思います。

DCDCコンバータには3Aまで対応のLM2596を使用して
ON・OFF端子をPICで制御しています。

昔作った物、

DCDCコンバータ+放電制御基板(PIC12F675使用)と比べると格段に
小さくなっています。
プログラムは電圧設定以外はこれと同じです。

テスト後はエポキシとホットボンドで固定しました。
主に放熱板に近い所をエポキシで固めました。

ケースはフリスクネオのケースに入れる予定です。

スポンサーリンク

関連する記事(一部広告)