2003年10月に施行されたパソコンリサイクル法により
パソコンの処分にはリサイクル料が必要になりました。

デスクトップパソコンとリサイクルマーク、イラストfromいらすとや

スポンサーリンク

パソコンを処分するにはリサイクル料が必要

メーカー製パソコンの場合は、購入時にリサイクルマークが付いていて
リサイクル料が不要な場合もあります。

リサイクルマークが付いていないパソコンや
メーカーが倒産してしまった場合ばリサイクル料が必要となります。

自作パソコンも基本的にはメーカー不存在パソコンという扱いで
リサイクル料が必要です。

ただし、自作パソコンの場合バラすことが出来ます。
部品にバラした場合、回収の対象外となるので
自作パソコンの場合に限ってはバラして不燃ごみとして捨てる事も可能。
自治体の判断によっては回収されない可能性もあるので注意してください。
【参考】自作パソコンのを廃棄する時の3つの処分方法

リサイクルマークがあるパソコンは送料も不要

リサイクルマークがある比較的新しいパソコンは、
送料も掛かりません。

各メーカーの受付窓口はこちら
メーカー受付窓口一覧 :: PC3R

郵便局への持ち込みか、回収を依頼出来る様です。

回収後のパソコンは、基本的にはメーカーが再資源化を行います。

重要なデータが入っている場合、念のため重要なデータの抹消を行ってから
リサイクルに出しましょう。
【関連】データ消去(抹消)ソフト・StorageSweeper

リサイクルマークが無いパソコンでも無料回収

リサイクルマークの無いパソコンであっても比較的新しいパソコンは
製品価格にリサイクル料が含まれている様なので回収して貰えるかもしれません。

一度、各メーカーのサイトで確認してみましょう。
有償な場合は3000円~6000円ほど。

ノートパソコンの場合は3千円ぐらいでしが
デスクトップ+液晶モニタとなると6千円程掛かる様です。

リサイクルマークの無いパソコンや自作パソコンでも
メーカーでは無い業者ですが無料回収してくれます。



他の不要品も送料無料で回収して貰える

パソコンやスマホなど送料無料対象品を同梱すれば
不要品も送料無料で処分出来ます。

ただし、処分出来ないモノもあるので
詳しくは確認して下さい。

データ消去

こちらの業者で回収してもらうメリットとして、データ消去があります。

専用の機械でデータを抹消し、物理的に破壊していて
オプションで消去証明書の発行も出来ます。

何故無料なのか

回収したパソコンなどを中古品として販売したり
金などのレアメタルを含むパーツを資源として再販売しているからです。

スマホやパソコンの基板には金などの希少金属がふくまれており
都市鉱山とも言われています。