Firefoxが段階的にプラグインを廃止するらしい

Firefox
昔使っていたブラウザ・Firefoxが段階的にプラグインを廃止するらしいです。
Firefoxが段階的にプラグインを廃止すると発表(情報追記あり)

プラグインとは?

FirefoxのプラグインはFirefoxの拡張機能の内以下の様な物が有ります。

  • Adobe Flash Player
  • Adobe Reader
  • Adobe Shockwave Player
  • Apple QuickTime
  • Java Runtime Environment (JRE)
  • Microsoft Silverlight
  • RealPlayer
  • Windows Media Player

動画やPDF、フラッシュなどの表示に必要なソフトが並んでいます。
でも動画やフラッシュの機能の場合、HTML5でなんとかなるかも
しれません。

アドオンとの違いは?

イメージとしては、
Firefoxという箱に手を加えて機能を拡張するのが<アドオン>。
その中でも特に、箱にプラグを差し込んで外部から機能を追加するもののが<プ ラグイン>といった感じです。

「拡張機能(アドオン)」と「追加ソフトウェア(プラグイン)」・・・ 相変わらずIT用語の和訳と使い分けは混沌としていますが、いずれもベースとな るソフトウェア(今回はFirefox)をより便利にするためもの。

Q152 アドオンとプラグインはどう違うのでしょうか?より

まとめ

しばらくはセキュリティ的にOKなプラグインのみplugin whitelist
に載せて当面利用出来る様にするみたいです。
また、アドオンは廃止対象では無いみたいです。

JAVAアプレットはさくらのVPSのVNCコンソールで必要なので
将来的には使えなくなりそうです。
なので今後は、現在使っているChromeをメインに使って行こうかと思います。

スポンサーリンク

関連する記事(一部広告)