いろいろ遊べるZVSドライバの修理

最初に2SK2866が飛んで、その後素子を2SK2698に変えました。
その後、電源-をFETゲートに接触させてしまい、FET交換しましたが、
電源入れたと同時にフルパワー(FETショート状態)。

ゲート駆動用の高速ダイオードを交換してみたり、
FETゲートソース間の10K抵抗を交換してみたりしましたがダメ。
結局、インダクタ側FETに付いているツェナーダイオードが壊れていて
交換したら治りました。

あとIHをやっていたら
共振コンデンサがアツアツになり気付いたらヒビがはいってました。
s-IMG_1886
耐圧が高くてもダメみたいです。(耐電流が必要みたい。)
元々のコンデンサはマルツで売っていた
【END250P68K0】メタライズ・ポリエステル・フィルムコンデンサ 250V 0.68μF。
結局100V耐圧0.47μFを2つ並列で取り付けました。

これが修理後。
s-IMG_1888

素子もツェナーダイオード事件の時に元々マルツで買っていた2SK2698が全滅したので
前、秋月で売っていたIRFP460Aを使ってます。
若松通商ならまだ扱っているみたいです。

スポンサーリンク