アルファー型のスターリングエンジンを作ったけど失敗に終わった

試験管スターリングエンジンを作ろうとしましたが、
α型スターリングエンジンの方が構造が簡単なのでα型スターリングエンジンを
作りましたが動きませんでした。

自作したアルファ型スターリングエンジン

結局失敗しました。

構造としてはガラス注射器を2つ並べて2つの注射器を
チューブで繋ぎます。

ピストン側にクランクとフライホイールを付けます。

注射器の固定には余っていたMDF材に穴を開けて固定。
L字アングルで板に固定しました。

フライホイール側には、
ボールベアリング入りの軸をL字アングルで固定しました。

動かす時は片方のガラス注射器を熱します。

写真

自作したアルファ型スターリングエンジン、横からの写真

注射器側から

自作したアルファ型スターリングエンジン、注射器側から

斜め後ろから

自作したアルファ型スターリングエンジン、斜め後から

動かなった原因

動かなかった原因はコンロッドが動いた事によるロス。
注射器のフリクションの2つあると思います。

注射器が引っかかるポイントがあり、その部分がロスとなり
回転しなかったのかもしれません。

コンロッドはプラ板に変更しましたが、ダメでした。

結局はガラス注射器のシリンダが割れてしまいましたので
このスターリングエンジンは解体しました。

あとがき

最近、ブログ更新をせずにこんなモノを作っていました。

結局失敗してしまいましたが、
まだ注射器が1つ残っているので試験管スターリングエンジンか
ビー玉スターリングエンジンを作ろうかと思っています。

もしかしたらBediniモーターを作るかも。

スポンサーリンク

関連する記事(一部広告)