自転車置き場付き物置にPCXを家では置いているのですが
夜は暗く、ヘルメットなどを仕舞う時にiPhoneを出して、
仕舞う事があり面倒。

市販品にも人感センサー付きライトがありました。

アマゾンには防雨型のライトがありましたが
近くのホームセンターにはありませんでした。

なので、人感センサー付きライトを作る事にしました。

気圧・湿度センサー付きのソーラー人感センサー付きライト

気圧・湿度センサー付きのソーラー人感センサー付きライト

閉じた時に見えるのが、
人感センサNaPiOnとCDSセル、下にあるのがLEDです。

人感センサは夜暗い時にしか動作しない様にCDSセルで明るさを
チェックしています。

開けると、

気圧・湿度センサー付きのソーラー人感センサー付きライト・開けた所

右下にあるのがニッケル水素6セル、
左にあるのが、ソーラーから電池に充電するMPPT回路

奥にあるのが本体です。

右上に無線で測定データなどを送信するためのBluetoothモジュール
RN-42があります。

ソーラーパネルは物置から外に向けて配置しました。
パネル自体は何年か前にマルツで買ったアモルファス型ソーラーパネル。

何年か前にマルツで買ったアモルファス型ソーラーパネル

メインなマイコンはArudinoベースのAtmega328。

外に置くのにライトだけだともったいないので
気圧・気温・湿度センサーを内臓しています。

明るさや人感センサーの反応、LEDの動作や気圧などの測定データは
Bluetoothで送信しています。

LEDはマイコンのから直接駆動しているので
明るさは暗めですが、手元は見えるのでヘルメットなどを仕舞うのに
iPhoneを取り出す必要は無くなりました。

あとがき

Bluetoothで送信はしていますが、受信するパソコン側はまだ出来ていませんが
室内でも受信出来る様です。
【関連】屋外と通信出来た、Bluetoothモジュール・RN-42-I/RM

パソコンはWindows8.1にしたらリモートデスクトップのセッションが切れると
ログオフ状態になるので使えなくなりました。
【関連】Windows8.1にしたらリモートデスクトップで勝手にログオフ

今度、Windows7に戻そうかと思います。