サンセベリア根腐れ後の再生・水差し後に土に植えての復活

前に根腐れしてしまったサンセベリア。
【関連】サンセベリアの根腐れからの再生方法と水挿し

その時に根が無くなってしまったサンセベリアの葉を水差しで復活させる
方法の紹介です。

サンセベリアの復活その1、水差しで発根

根が無くなったはまずは水に挿して発根させます。

そのまま土に植えても良い様ですが、
水に挿すことで葉の状況が確認出来るので水に挿した方が良いと思います。

水差しした容器は1リットルのペットボトルを切ったモノを使用。
水は1センチほど入れて、1日に1回程度水を交換します。

ペットボトルはヌメリが出るので時々洗ってください。

根の無くなった葉2枚を水差しにしましたが
1枚は発根し、1枚は枯れてしまいました。

約1ヶ月ほどで発根していました。

水差しで発根したサンセベリアの葉

 

根はだいぶ細いですが、発根していたら今度は土に植えます。

サンセベリアの復活その2、土に植えかて完全復活

土は観葉植物の土でも良いと思います。
また、サンセベリアの土もあります。

水差しで発根した葉は土に植えてしばらくしたら葉の周りに芽が!

サンセベリアの周りに出てきたサンセベリアの葉

しばらく育った芽は大きくなりましたが、
葉がしおれてきたので抜いてみたらこんな感じになっていました。

子株が2つ出来たサンセベリアの葉

あとがき

この2つの子株が育ったのがこれです。
IMG_2386

去年、この大きさまで育って新聞紙に包んで越冬させてました。

しおれている部分もあるので現在は、土に植えてあります。
水はまだ、与えてません。

3月も、もうすぐ終わりになるので寒の戻りが終わったら水を与えようと思います。

スポンサーリンク
Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE