メダカの浮くネットは親魚が飛び込むので要注意

メダカの浮くネット、簡単に親魚と稚魚が隔離出来るので便利です。
しかし、浮いている部分が水面に近いので親魚がネットの中に
入る事もあるので要注意です。

メダカの浮くネットは親魚が飛び込むので要注意

IMG_4090

メダカの卵と稚魚はメダカの成魚が食べてしまう可能性があります。

なので、
親魚と隔離する必要があるのですが、この浮くネット

親魚の水槽にネットを入れてその中に稚魚を入れれば
簡単に隔離出来るので便利です。

しかし、ネットの浮いている部分が水面に近いので
親魚がネットの中に侵入する可能性があります。

対策

対策は付属されている透明なフタを使います。
ただし。フタは風で飛ばされるかもしれないので、重しを乗せて飛ばない様にします。

まとめ

この浮くネットは稚魚を簡単に隔離出来ますが、
フタをすると日光があまり当たりません。

なので、できれば別の水槽に入れた方が良く育つと思います。
【関連】グリーンウォーターはメダカの稚魚を育てるのに大事

スポンサーリンク

関連する記事(一部広告)