秋月電子通商などで売っているシールドバッテリ。
使い終わった後のシールドバッテリは基本的には秋月電子通商は
引き取ってくれないので自分で廃棄処分する必要があります。

シールドバッテリーには人体に有害な希硫酸・鉛を含んでいる為一般のゴミとして
処分することができません。
不法投棄は犯罪ですので適正に処理する必要があります。
処分するには、都道府県・地方自治体が指定した廃棄物処理業者やカー用品、
ガソリンスタンドに処分を依頼できますが、断られる可能性もあります。

しかし巷にはシールドバッテリーなど鉛蓄電池なら
無料で引き取ってくれる業者が存在するので直接送るという方法がおすすめ
ただし、送料は自己負担です。

またこちらのバッテリーストア.comの良い所は回収伝票(佐川急便)を
販売していてバッテリー発送時の送料が掛かりません。
20Kgまで使えますが、宅急便などで20Kg送ると結構高くなるので
まとめて処分しようと考えている方は良いかもしれません。

2015年10月追記

佐川急便の回収伝票を購入する方法に変わった様です。
回収伝票を950円で購入し、バッテリーを送ります。
バッテリーストアには佐川急便との契約があるので割安になります。

不要バッテリーの処分方法|廃棄バッテリー格安処分できます|全国対応