ポータブル・モバイルUSB電源の製作

前から使っていたエネループ2セル昇圧タイプのポータブルがIS03の充電には
パワー不足なので新たに作りました。
実はゴールデンウィークごろにはほとんど出来ていました。

電池はもちろんエネループ6個で7.2V仕様。
今回は降圧になります。
また、降圧用のレギュレータはシリーズレギュレータにすると
7.2V-5.0V=2.2Vで
最大出力1Aで2.2W分の排熱と熱分のロスがあるので却下。

そこでスイッチングレギュレータLM2596T5.0を使用することで
分圧抵抗も不要に。
また、LM2596T5.0の良いところはOn/Off端子があるので
過放電防止回路のFETを1つ省くことが出来ます。
ちなみに、放電終止電圧は6Vに設定してあります。

放電と充電の制御回路はPICを使用しています。

充電は350mAのスイッチング定電流回路(LED用?)を使って、
9Vになったら充電を止めるようにしました。
また、電池破損時の事故防止のため5V以下では充電をしないようにしました。

充電にはノートパソコン用のACアダプタをしようしています。
エネループのデータシートによると標準充電は200mA×16hですが、
充電電流実測で330mAですが約5時間で充電が完了します。

ケースはタカチのMX4-13-15BBを使いました。

USB端子がついているのが降圧回路LM2596T5.0は放熱のため
ケースに付けてあります。
コンデンサはSANYOのOSコンを使用しています。
その下にあるのが過放電防止回路です。

ブルーグリーンのLEDが放電表示のLEDです。
電池電圧や過放電簿防止起動作動時はLEDの点滅で表示します。
上のLEDは充電表示のLEDです。

しばらくこれを使っていますがIS03をフル充電できるパワーはあります。

スポンサーリンク

関連する記事(一部広告)