ブロガー&サイト運営者は要注意!

もしかしたら知らないうちに張られた迷惑なリンク
によって検索順位が落ちている可能性があります。

知ったきっかけ

今日こんな記事がSEOのタグに上がっていたので見ました。

スパムでアクセス数が激減&収益は1/3になったので「リンク否認ツール」で対策しました。 - 本日もトントン拍子

上の記事によると、スパムサイトからの多量のリンクで
検索順位が下がっている可能性があるとの事。

そーなんだー、とかる~く考えていました。
念の為とサチコを開いて、サイトへのリンクを開くと
見たことない所からのリンクが.....

サチコで表示された9千ものmapskyb.cfからのリンク

eax.jpのリンクは内部リンクと思われるので無視しました。

スポンサーリンク

CFドメインからの迷惑リンク

サチコから辿って、迷惑リンクを発しているサイトを
直接見ると記事の丸パクリ!

CFドメインからの迷惑リンクの元凶、内容はほぼ丸パクリ

グローバルメニューの配色とパンくずリストの内容から見て
記事自体は丸パクリ!

元の記事はこちらです。
初心者にオススメしたい金魚の餌やりの方法と豆知識

元々は有益な内部リンクだったリンクが
パクられた事で迷惑なリンクとなっています。

広告が表示されるも、クリックできない

この迷惑リンクの元凶の迷惑な記事。

あちらこちらに商品名などが表示されていて
商品名から見ると楽天から取得しているみたい。

でも、文字があるだけでリンク設定されていないので
クリックは出来ません。

広告の意味が無いので、何の意味がこの迷惑なサイトに
あるのか不思議です。

サイトごとにドメインが異なる

このブログの場合、mapskyb.cf。
上でも紹介した本日もトントン拍子さんで紹介されていたのは
mapbedd.cfとサイトごとにドメインが変わっています。

普通ドメインって.comでも年1000円ぐらいするので
何のメリットも無いことは普通はしません。

ただし.CFドメインはタダで取得出来るので
こういったサイトの温床になっているのかもしれません。
【関連】『Freenom』で.tkや.cfの無料ドメインを取得する

Freenomと言うサイトで無料で.CFドメインを取得出来る様ですが
無料の場合、登録者では無く使用者という扱い。

よってWhoisで使用者を確認してもFreenomしか出て来ないので
使用者を特定する事は出来ません。

サーバはCloudflareを使用か?

2つのドメインをnslookupで調べました。

nslookupの結果

2つのドメインをチェックしましたが
IPv4のアドレスが近い。

調べると104.16.0.0 - 104.31.255.255のアドレスレンジは
Cloudflareに所有権がある様です。

どちらもこのアドレスレンジに入っていました。

ドメインのネームサーバーに登録されているIPアドレスを見ると
CloudflareのIPアドレスしか設定されてなかったので
実体が何処にあるのかは分かりません。

Cloudflareも一部を除き無料で使えますが
手間は掛かる訳で広告による収入も無くマルウェアなども検出されず
こんなサイトを開いた意図が謎です。

迷惑リンクによるSEO的デメリットと解消法

この迷惑リンクを発している記事自体はGoogleにキャッシュされていません。
でもリンクとしては認識されている様子。

記事自体にはcanonicalタグが生きていて、
このブログの記事のままなので重複コンテンツとはならないはず。

ただ外部からのリンクとしては良く無いので消した方が良い。

ただし、海外で連絡先も無く勝手に張られたリンクの場合は
サチコ(Google Search Console)でリンクの否認が可能です。

このリンクの否認での否認は自分では手出しが出来ない場合のみ。
自分で有料リンクを頼んだりした場合はリンクを削除してもらい
出来なかった場合のみリンクの否認を使う様にして下さい。

リンクの否認ツールでリンクの否認

リンクの否認ツールはこちら
リンクの否認

開くとこんな画面になります。

リンクの否認ツール

リンクの否認を適用したいサイトを
選択しリンクの否認をクリックします。

再度画面が出てくるので、リンクの否認をクリック。

するとこの様な画面になります。

リンクの否認ツールでリンクを含むテキストファイルを送信する画面

ここでリンクを含むテキストファイルを送信します。

今回は9千以上のリンクがサチコで認識されているので
ドメインごと否認しました。

今回使用したテキストファイルの内容はこちら
# 海外のドメインで連絡先も無いので削除不可 at 20170319
domain:mapskyb.cf

#の部分はコメントアウトになるのでコメント等を入れ
ドメインごとの否認になるのでdomain:で指定します。

詳しい書式などはこちら
バックリンクを否認する

テキストファイルに保存後、
ファイルを選択でテキストファイルを選択します。

OKなら送信ボタンをクリックすれば完了。

万が一間違えた場合は、アップロードしたファイルを削除するか
新たなテキストファイルをアップロードすれば良いと思います。

まとめ

リンクの否認が反映されるには1ヶ月ほど掛かる様です。

またリンクの否認をしてもサイトへのリンクへは残り続けるみたい。
リンクの否認ツールでリンクが非承認とされたかどうかの効果を知ることはできない

知らない間にSEO的デメリットとなるリンクで検索順位やアクセス数を
減らさない為にも定期的にサチコは確認しておいた方が良いかもしれません。