PING Transmitterでの応対有りと成功

ブログ更新PING送信ソフトPING Transmitterで更新pingを送信すると、
ログが保存されます。
ログを見ると送信先の送信結果を見ることができます。

成功
表示されている場合は送信先のPINGサーバが
http200でThanksOKのどちらかの文字列がある場合は成功になります。
GoogleではThanks for your PING
Yahoo(JP)ではOkと表示される為、
多くのPINGサーバはどちらかの応答する為、これらの文字列が
含まれる場合は成功、含まれない場合は応答有り
表示されます。

応答有りと表示される場合は、
上でも少し述べましたが、サーバはhttp200を返しているので
httpの通信上は成功しています。
この場合、 ThanksOKのどちらか文字列が含まれない場合
応答有りになります。
私が調査した場合、殆どはhtmlを返してきたので
webサイトを表示しようとしています。
この場合、多くの場合PINGサーバを終了して普通のウェブサイトになっているか、
移転案内などで正常に送信できていません。

HTTPXXX
XXXは数字になります。
数字はhttpステータスコード なので検索すれば、
分かると思います。

応答なしの場合、
相手先のサーバに接続出来ていません
何回かPING送信を行っても応答なしの場合、
送信先からはずして下さい。
応答なしのサーバの応答を待つのに負荷が掛かってしまうため、
応答がないサーバを待っている間、PING Transmitter
反応が遅くなり、ウィンドウの移動等が出来ない場合があります。

以上、ログで表示される状況でした。

スポンサーリンク