スポンサーリンク

金魚の餌には様々なタイプがあり、大きく分けて
浮上性粒、沈降性粒、フレークがあります。

どの餌が良いのか、
餌の良い所と悪い所を交えて紹介したいと思います。

浮上性、沈降性、フレークの良い所悪い所

浮上性粒餌

しばらくは浮いているので回収しやすい
餌の内部が乾いているので消化にされにくい

ホームセンターなどで多く売られている餌は浮上性の餌。

金魚が食べきれないほと与えてもしばらくは水面に浮いているので
回収しやすいです。

放置すれば、沈んで水を汚すので食べ残しは回収する必要があります。

沈降性粒餌

水を吸っても粒の形を維持するので回収しやすい
餌の内部が乾いているので消化にされにくい

ホームセンターではあまり売られていない沈下餌。

乾いているのでしばらくは浮いていますが、すぐに沈んでしまいます。
食べ残した場合、沈んでいますがしばらくは粒の形を維持するので
回収すれば水を汚しません。

ピンポンパールのエアー喰いの予防には
少し水に浸してから与えるとすぐ底に沈んで来ます。

浮上性粒餌と沈降性粒餌両方に言えますが
粒タイプの餌は餌の内部が乾いているので消化されにくい様です。

フレーク

餌の全体が水に浸るので消化に良い
フレークが水を含むと細かく切れやすく回収しずらい
粒餌に比べて割高

フレークは昔使っていた餌で、適切に与える分には問題無いと思います。
餌を与える時に餌全体が水に浸るので、消化にも良い様です。

ただ、与えすぎたりすると全部回収するのが困難です。

餌が水を吸っているので網で掬おうとするとフレークが細かく分かれて
全ては回収しきれない事もあります。

残ったフレークは金魚が食べてくれれば良いのですが
食べられなかった餌は水を汚します。

初めて金魚を飼うなど餌をどれぐらいあげて良いのか分からない場合は
避けた方が良いかもしれません。

私が使っている餌の紹介

私が使っている金魚の餌、野菜が入った金魚の健康食とピンポンパールのえさ

野菜が入った金魚の健康食

ホームセンターにもうられているポピュラーな浮上性の餌。

小さな粒なので小さめな金魚でも食べられます。
普通の金魚を飼うなら、この餌だけでも良いです。

ただ、ピンポンパールのエアー喰いに転覆病の予防の為
現在は沈降性の餌をメインに使っています。

ピンポンパールのえさ

チャームで水槽を買った時に、送料無料にする為に買った餌。
成分量を見ると、蛋白質と粗蛋白質の違いがありますがピンポンパールのえさ
の方が栄養価が高い様です。

他の金魚にも使えるので、ピンポンパールと同居している金魚も
このピンポンパールの餌を食べています。

指で餌を何粒か持った状態で指先を水に浸し指を離すことで
餌が水面に残らず水槽の底に落ちていきます。

水面に餌が残らない事でエアー喰い対策には良いです。

パックde赤虫

ネットで検索すると食いつきが悪い事で有名な様ですが
うちの金魚たちがよく食べるので時々あげてます。

【関連】金魚に与える赤虫は常温保管可能な半生タイプがオススメ

赤虫は栄養価が高いのですが、冷凍保存が必要なので不可。
ドライタイプは赤虫の皮が硬かったりして消化に悪い様です。

なので、パックde赤虫なら半生で常温保存可能ですし
硬い皮も無いので消化にも良いと思っています。

まとめ

初心者なら、浮上性粒餌が良いと思います。
値段も安いし、食べ残し時も回収しやすいです。

ピンポンパールなど体が丸いタイプは転覆しやすいので
将来の転覆病の予防に沈降性の餌が良いかと思います。

粒だと、何粒と数えられるのが良いです。

浮上性餌から沈降性餌への切り替えをする時は
しばらくは餌と認識せずいつまでも水面と漂っているので
少量ずつ試していくと良いと思います。

フレークは消化には良いけど、値段も高いし回収性も悪い。
餌も袋では無くプラスチックのケースに入っているのでかさばります。
なので私的にはあまりおすすめではありません。