転覆気味のピンポンパール。
今度はココア入りの餌を作ってみました。

ココア入りピンポンパールの餌の作り方

ベースは普通の金魚の餌

ココアを混ぜるために細かくすり潰します。
まずは乳鉢である程度細かくします。

その後、前作ったボールミルで粉砕します。
【関連】細かく粉砕出来るボールミルを自作してみた

ただし、金魚の餌は固いので完全に粉砕するに時間が掛かるので
茶漉しなどで粉砕された餌と粉砕されてない餌に分けます。

今回は、2〜3時間ぐらいボールミルを回していました。

その後、ココアを混ぜます。
使ったココアはこちら

砂糖やミルクを含まない純ココアなので金魚にも使えます。

その後、ボールミルで混ぜて再び茶漉しで濾して完成です。
完成後は密閉出来る袋に入れます。

作ったココア入りの餌を練る

出来た餌はこれ。

ピンポンパールにココア入りの粉状エサ

細かい粉なのでそのまま与えると水を汚します。

なので、少ない水で練って固めます。
手の上で練ります、まずは取り出します。

手の上の餌

少量の水を混ぜて

粉状の餌と少量の水

少ない水でしっかり練ると水に溶けにくいので
水を汚しにくくなります。

練った金魚の餌

 

こんな感じになったら、細かく切って与えます。

この餌は空気を含まないので沈みます、
いつも、浮上性の餌を食べている場合は気付かないので食べない餌は
除去してください。

あとがき

餌を数日前から与えていますが、まだ改善はありません。

やっぱり、難病なので完治は難しいかもしれません。