さくらのVPSでのドメインの登録

ドメインの登録の前に、ドメインで使用するDNSは
ドメイン(ホスト名)とIPアドレスの変換に使用されます。

ドメイン(ホスト名)からIPアドレスに変換するのを正引き
IPアドレスからドメイン(ホスト名)に変換するのを逆引きと言います。

さくらのVPSで設定出来るのは逆引きの設定で、
正引きはドメインを取得した時に指定したネームサーバーを使います。

まず、、逆引きの設定はコントロールのホスト名が書かれた項目の所にある
変更と書いてあるボタンをクリックすると変更できます。
この時、登録するホスト名は正引きのAレコードで登録しておく必要があります。

正引きの場合、ネームサーバーは多くの場合ドメインを取得した業者のサーバを
使うこと多いと思いますが、設定項目が少なく場合によっては業者が運営している
レンタルサーバーにしか使えない場合もあります。

その場合は、さくらのVPSでも5ゾーンまでならさくらインターネットの
ネームサーバーを無料で使う事ができます。
さくらのVPSコントロールパネルのサイドバーにあるネームサーバー登録から
ネームサーバーを使用するための登録ができます。

また、さくらのVPSも独自IPなので自分のサーバをネームサーバー化させることも
できますが、あまりおすすめはしません。(CentOSの場合bind)

やはり、ドメインはバリュードメインあたりが安く、ネームサーバーも細かく設定
出来るの(A,CNAME,MXレコードなど)で良いと思います。
結構、プライマリとセカンダリでネットワークも分散されています。
ただし、設定反映が遅いのが難点です。
新規ホスト名の場合、既存ホスト名のIP変更の場合はプロパゲーション
影響でもっと時間がかかります。

スポンサーリンク