USB経由のデータ流出を防ぐUmbrella USBを自作した

GIGAZINEの記事
シンプルな仕組みでUSB経由のデータ流出を防止可能な「Umbrella USB」

他人のパソコンや会社のパソコンにスマホを接続して充電すると
データの流失が心配です。
iPhoneをMacに接続した場合、信頼出来るPCかiPhone側で確認するので
データを流失の可能性は少ないと思います。

でも場合によってはデータ流失のリスクがあります。
そんな時、役立つのがUmbrella USBです。

USB経由のデータ流出を防ぐUmbrella USB

USB経由のデータ流出を防ぐUmbrella USB
Kickstarter launch: Umbrella USB

Umbrella USBの両側にはUSB端子があり、片方をパソコンに
もう片方をスマホなどに接続するUSBケーブルを接続します。

すると、電力のみiPhoneなどのスマホに供給して、データは遮断しますので
データ流失の心配はありません。

Umbrella USBを自作してみた

Umbrella USBはデータを遮断して電力のみ供給するシンプルな機器。
12ドルの出資で1つゲットできて、送料が10ドル必要。

日本円にすると2200円ほどになるので、部品があったので作ってみました。

部品はUSBがコネクタのオスとメス、ユニバーサル基板の切れ端で
値段にすると200円ぐらいです。

自作Umbrella USB 配線図

回路は簡単に説明すると、
電力のVccとGnd端子をUSBオスからメスに配線して、D+、D-端子は何も接続しません。
USBメスの方はD+とD-をショートさせます。
回路はこれだけでかなりシンプルです。

横から見るとこんな感じ、ハンダ面が汚いですが、ハンダ面はエポキシで固めます。

自作Umbrella USB 横から

上から見るとこんな感じ、かなりコンパクトです。

自作Umbrella USB 上から

 

この後、USBコネクタの補強と為、エポキシ接着剤で固めました。

まとめ

USB直接だとパソコンの認識され、高速充電されない事がありますが
自作Umbrella USB経由だとD+、D-がショートしているのでACアダプタと認識され
早く充電されます。

ただし、パソコンのUSB端子の電力不足がある場合は早くならないので
USBの電圧、電流をチェック出来るテスターがあると便利です。

自作デスクトップ機のUSBハブにiPhoneを接続すると時々
このアクセサリーは使用できませんと表示されますが、
上のテスターで計ったら、4.2Vまで電圧が下がっていました。

スポンサーリンク