プロパゲーション期間(DNS浸透期間)

プロパゲーション期間とは
DNSの設定変更後、
インターネット上のネームサーバで新旧の情報が
出てくることをいいます。

インターネット上にはキャッシュサーバがあり、
ネームサーバの設定を変えてもインターネット上では反映されません。
インターネット上のすべてのキャッシュサーバに
反映されるには2週間掛かるかもしれません。
またプロパゲーション期間内は、
前の情報と、新しい情報が出たりでなかったり
不安定な状況になります。

キャッシュサーバとは、
ネームサーバで一度問い合わせの合った情報を
サーバー内で一定期間保存しているサーバです。

レンタルサーバなど、
同じドメインでレンタルサーバ移転などをする時は、
2週間は新旧両方のサーバを残しておく必要が
あります。
メールもDNS浸透の進度によりますが、
両方に流れるので注意が必要です。

プロパゲーション期間を短くする方法

すべてのネームサーバーに反映されるわけではありませんが
DNS情報の浸透をより早くする方法を紹介します。

それは、ネームサーバー設定のTTLを短くする事。

サーバー移行1週間ぐらい前にTTLを短くし
サーバー移行1週間後ぐらいに元に戻します。

スポンサーリンク