今週火曜日から3日ほど、寝ようとしてもなかなか
寝れない事がありました。

そんな時は、ムリに寝ようとすると、余計に寝れなくなってしまいます。

夜寝れない時はムリ寝ず、ネットサーフィンがおすすめ

夜寝れない時にはムリに寝ないでやった方が良い事

夜寝ようと部屋の電気を消して、布団に入っても
目が冴えてしまってなかなか寝れない時は、ムリに寝ても寝れません。

日本人の平均的な入眠時間は20分前後なので
20分以上、布団に入っても、なかなか寝れない場合は、
布団から出た方が良いです。
【参考】日本人の平均入眠時間とあなたが寝付けない三つの原因

この場合は、布団やベッドから出て、部屋の電気を点け
ネットサーフィンなどをするのが私的にはおすすめです。

ムリに寝ようとしない方が良い理由

電気を消して、お布団の中でムリに、寝ようとしても
寝れない時は”寝れない”という意識が頭の中でグルグル。

この”寝れない”という思いがストレスとなり余計に寝れなく
なってしまいます。

ムリに寝ようとすると、このストレスが強くなり
気が滅入り悪循環となってしまいます。

【参考】「眠れないときは眠らない」が正しい理由

ネットサーフィンがおすすめな理由

ネットサーフィンの他にも、読書、音楽を聞くのも良いです。
できれば、寝たいので、あまり頭を使う作業などは避けた方が良いです。

ネットサーフィンなど、ボーっとしながらできる事がおすすめです。

身体を温める、ホットミルクを飲む

ホットミルクはネットでは寝れない時に良いとよく書かれています。
しかし、調べると賛否両論ありますが2つの効果はあると思います。

1つ目が身体を温める効果。
2つ目が寝室から離れる事によるリラックス効果です。
【参考】夜眠れない人が驚くほど眠れるようになる体の冷やし方!?

お茶や、コーヒーなどは、カフェインを含むのでNG。
牛乳が無い場合は白湯でも良い様です。

作り方はマグカップなどに牛乳を入れ、
砂糖をスプーン1杯程度入れ、
電子レンジの飲み物温め機能で温めれば出来ます。

1時間ぐらいしたら、もう1度寝てみる

何度も、試して駄目なら、
朝まで起きておいた方が良いかもしれませんが、
1時間ぐらい経過したら、一度寝て見ましょう。

寝る時は、部屋の電気を切る様にしてください。
20分ぐらい、布団の中で目を閉じて寝ようとして駄目なら
また布団から出て、部屋の電気を点けてください。

今週のとある日は、これを何回か繰り返す事で、朝の3時には寝れました。
睡眠時間は3時間ほどですが、寝れないよりはマシです。

1日だけなら寝れなくてもなんとかなる

寝れないのが、2日、3日と続くと難しいです。

1日でも集中力の低下は避けられませんが、
1日だけならなんとかなります。

実際、布団に入って、
目を瞑るだけでも睡眠効果があると言われています。
【参考】目を閉じるだけで睡眠効果が8割もあるって本当なのか??

身体の方は休めても、脳の方は意識があるので休めていない状態。
あまり寝れないのが続く様なら病院で診て貰った方が良いかもしれません。

スポンサーリンク

寝れない原因と対策

私の場合、寝れない原因の多くは夜更かし。
夜の1時ぐらいまで夜更かしをすると時々寝れません。

他の原因にはストレスなどが多い様です。

何日も寝れない状態が続くのは身体にも悪いですし
何か病気が隠れている可能性があるので病院で
診てもらった方が良いです。

サプリによる対策

テアニンは緑茶などに含まれる成分でウィキペディアには
この様に書かれています。

睡眠に関しては、テアニン摂取により睡眠の質の改善が報告されている。中途覚醒の減少が認められたほか、被験者へのアンケートにより起床時の爽快感、熟眠感、疲労回復感の改善が認められている

テアニン - Wikipediaより引用

ただし、緑茶には興奮作用のある、カフェインも含まれる為
サプリでの摂取がオススメです。

ぐっすりずむで目覚めすっきり。L-テアニン配合の【機能性表示食品】
睡眠サポートサプリ【爽眠α】機能性表示食品

夜寝れなくなる事はよくある場合は、サプリで対策をしてみては
いかがでしょうか?