WordPressからTwitterへの自動投稿

いままでtweetableというワードプレスプラグインを使っていましたが、
投稿がツイッターに更新されませんでした。

そこで昨日新たなプラグインSimple Tweetをインストールしました。
インストール方法はプラグインの新規追加から検索をすれば
簡単にインストール出来ます。

インストールはできたのですが、
ツイッターと連携させるためConsumer KeyとConsumer Secretを
入力しても説明ページでは出ているアカウント承認のリンクが出て来ません。

よく調べるとPHP5でcurlが必要だとか。

そこでSSHからインストールしましたが、
表示されず、php.iniを弄ったり、Simple Tweetを
削除して、zipファイルをアップデートしてインストールしてみたりしました。

それでもダメでcurlをアンインストールして再インストールしてみました
がダメでした。

結局、面倒になってきたので
Simple Tweetをアンインストールして、
WP to Twitterをインストールしました。

WP to Twitterの設定で、
Consumer KeyとConsumer Secret、Access TokenとAccess Token Secret
を入力して試しに記事の更新を行ったら無事ツイッターへの
投稿ができました。

結局、Simple Tweetのゴタゴタは何だったんだろう?
Simple Tweetのおかげで3時間は過ごせました。

スポンサーリンク

関連する記事(一部広告)