このブログでも使っている、Amazon JS。

WordPressの場合、プラグインごとにCSSなどが出力される事もあり
CSSやJavaScriptがバラバラに分かれてしまいます。

そうなると、リクエスト数が大くなりページの読込が
遅くなる要因となります。

そこで登場するのが、Autoptimizeというプラグイン。

このプラグインをインストール&有効化する事で
バラバラなCSSやJSファイルを結合、キャッシュまでしてくれます。

この プラグインの効果はGTmetrixなどで計測しても
効果有りです。

しかし、一部のJavaScriptやプラグインが動作しなくなる
欠点があります。

スポンサーリンク

Amazon JSがグルグルして写真が表示されない

Amazon JSがグルグルして写真が表示されない

写真の様に、グルグル動いているだけで一向に写真が表示されません。

多分、Amazon JSのJavaScriptをAutoptimizeが結合した為
動作しなくなった様です。

対処法

JavaScript Optionsの項目、Also aggregate inline JS?以外にチェックを入れて
Exclude scripts from Autoptimizeにamazonjsを追加します。

コンマで区分けしているので前に入力するなら
amazonjs,とします。

Autoptimizeでの設定項目、JavaScript Options

環境によっては、動作しない事もあるのでご了承ください。

ついでに賢威7の上に戻るボタンや、
スマホ表示時のメニューも動かなくなっていたので直しました。

これは上の項目に、utilityを入れたらOKでした。

キャッシュ系プラグインをインストールしている時は
設定変更後、キャッシュのクリアを忘れずに。

キャッシュをクリアしないとキャッシュされたhtmlと
結合されたJavaScriptに違いが発生し問題が起こるかもしれません。

Also aggregate inline JS?
は最初チェックを入れていました。

しかし、記事に書いたJavaScriptが外部化され
動作しないのでチェックを外しました。

あとがき

Amazon JSは結構便利で使っています。
SSL化したブログでhttp経由の画像を取得しようとすると、
画像は表示されますがエラーになります。

Chromeではデベロッパーツール→コンソールでこのエラーは確認出来ます。
ユーザー側は緑の鍵マークが表示されなくなるだけですがちょっと気持ち悪いです。

しかし、A8などアフィリエイトリンクはSSL非対応なので
ページを限定して使っています。

Amazon JSであれば画像はSSL経由なのでエラーが発生しません。