イモト、2014年のエベレスト登頂断念・雪崩で他隊が中止し追随

4月初めに日本を発ったイモトアヤコさん。
歯のメンテナンスなどで顔がパンパンになっていました。

先週の放送では現在エベレストの麓で高度順応中
イッテQ登山部顧問の貫田さん(別名:天国ジジイ)も安全を一番に考えて行動すると
先週の放送ではどうするか分かってなかったみたいでした。

まだ、顔をパンパンでしたね!

今週になり、やっぱり断念するみたいです。

イモト、エベレスト登頂断念の理由

理由は
2014年4月18日に発生した、シェルパー16人が巻き込まれ亡くなった
雪崩事故が原因。

まず、シェルパーについて

シェルパーとは

イッテQの登山でいつも荷物を持ったりしてくれる現地の人がシェルパーと呼ばれています。
荷物を持ったり、場合によっては料理を作ってくれたり、
危ない時などは、登山の中止を決定したりするみたいです。

でもエベレストのシェルパーは、もう一つ仕事があり、エベレストの登山ルートの工作があります。
雪崩事故で亡くなったのはこのルートの工作をしているシェルパーでした。

ルートの工作はエベレストには難所が何か所かあり
特にクレバスの上にハシゴを渡して渡れる様にしたり、登山ルートを通れる様にしていますが、
今回の事故を受けてシェルパー達が今季のルート工作を断念した事で
日本以外の国から来ている登山隊も登頂を中止したので、
これに追随する形でイッテQの隊も登頂を断念した様です。

今まではシェルパーが登山ルートを工作して確保してくれていましたが
今年は工作してくれる人が居ないのでしょうがないですね。

エベレストの北側の中国側からなら登頂できるみたいですすが、
どちらにしろ準備不足なので断念した方が良いのかもしれません。

この経緯は今後番組で放送予定らしいです。

【エベレスト登山】簡単解説。2014年の雪崩はなぜすべての登山を中止させたか。

あとがき

せっかく、マナスルまで登って準備していたのに残念ですが、
来年、ぜひ再チャレンジしてほしいです。

スポンサーリンク

関連する記事(一部広告)