PHPがインストールできない

先日、
契約した新たなVPS
ウィンサーバーのサーバーソフトなど
のインストールを行い
httpd,named,ftpdなどのインストールは完了しました。

ちなみに、
httpdは超定番のapache
namedはICS BINDを使用しました。
ftpdは国産のnekosogiftpdを現状使用しています。
あと、perl(ActivePerl)もインストール完了しました。

残すはPHPとMySQLですが、
PHPのインストールになかなか出来ません。
httpd.confで設定してもhttpdが起動出来なくなります。

インストールに使用したバージョンはPHP5.3
PHP.INIの設定もOK、
でも多くのサイトにある設定方法、
LoadModule php5_module “c:/php5/php5apache2_2.dll”

のphp5apache2_2.dllがダウンロードしたファイルには
見つからないのです。
Zip版やインストール版がありますが、
どれもダメでphp5apache2_2.dllで検索して出てきたファイルを
使ってもダメでした。

また別の設定方法
ScriptAlias /php/ “c:/php/”
AddType application/x-httpd-php .php
Action application/x-httpd-php “/php/php-cgi.exe”

を使ってもダメで、
いろいろ調べたところ
PHPにはThread Safe版とNon Thread Safe版があり、
Non Thread Safe版にはphp5apache2_2.dllなどの
ファイルが含まれないそうです。

また、VC6 とVC9のバージョンがあり、
Apacheで使うならVC6を使用するように書いてあったので
VC6 x86 Thread Safe のZIP版をダウンロードして
c:\php5にコピー
php.iniを設定してwindowsのフォルダにコピー
c:\php5にパスを通す
httpd.comfを設定したら使えるようになりました。
(phpの詳しい設定方法はこちら)
こちらのサイトではphp4ですが、
今回はPHP5にapache2.2なので下記のような設定にしました。

PHPIniDir “C:/php5”
LoadModule php5_module “c:/php5/php5apache2_2.dll”

ウィンサーバーはWindowsServer2008 R2 Standardが入っていて
ファイアーウォールがしっかり効いています。
httpdなどのサービスを開始するだけでなく
ファイアーウォールの受信の規制から新しい規則で
named.exeやhttpd.exeなどのプログラムを設定できます。
これでファイアーウォールの設定が出来ました。

ウィンサーバーVPSの今のところ、
快適です。
大きなファイルを転送すると少し動きが悪くなりますが、
それ以外が良いです。
再起動が早いです。

スポンサーリンク

関連する記事(一部広告)