VPSで動かすWindowsのバージョンとライセンス

VPSでWindowsを動かすのに一番問題なのはライセンスです。

しかし、Windows7までは仮想環境はあまり意識されてないので
パッケージ版のみしか仮想環境にはインストールできません。
実PCがあればDSP版のパーツを実PCに組み込んでそのPC上の
仮想環境にWindowsをインストールすることもできます。

しかし、VPSの場合、物理サーバを触ることが出来ないので
DSP版は不可です。
なのでWindows7まではパッケージ版なのですが、
Windows8からはDSP版でもパーツを組み込む必要が無くなったので
DSP版でも仮想環境にインストール出来るようになりました。

しかしWindows8はさくらのVPSでは動作しませんでした。

ちなみに、仮想環境にインストールするならProかUltimate
win7ul-s

がお勧め。

HomePremiumだとリモートデスクトップが使えないのでVNCなどリモート操作用のソフトを
導入する必要があります。

また、リモートデスクトップのポート3389は狙われているみたいなので
ポートを変更した方が良さげです。

スポンサーリンク

関連する記事(一部広告)