さくらのVPSにWindowsをインストールする2つの方法

さくらのVPSは主にLinuxなどのOSをインストールできます。

しかし、Windowsもサポートは無しですが、
さくらのVPSにもWindowsをインストールすることが出来ます。

注意点

私が去年試したときはWindows8はインストールできませんでした。
後ほど紹介する2つの方法で試してもダメでしたのでWindows7をお勧めします。
Windows7にインストールするのはライセンス上の縛りから価格が高め
パッケージ版である必要があります。
これはWIndows7までパッケージ版とDSP版に分かれていて
DSP版はパソコンパーツとの販売に限られ、さらに同時購入したパーツを
DSP版をインストールするパソコンに組み込む必要があるからです。
VPSは仮想環境なのでパーツを組み込むことは出来ないので
そのような縛りの無いパッケージ版を使用します。
Windows8ならDSP版でもOKです。(でもインストールは出来なかった

インストールする方法

ディスクイメージをアップロードしてインストールするか
ローカルPCにKVMを構築して仮想HDDイメージを流すか
の2つ

簡単なのは上のISOインストール。
KVMを構築するのは面倒ですがVirtIOを有効に出来るので
多少パフォーマンスは良くなります。

でも普通に使う分にはあまり違いは無いのでリモートデスクトップの用途なら
ISOインストールで良いと思います。

さくらのVPSではISOインストールでVirtIOを有効にできません。
これはドライバがインストールディスクに含まれないので
VirtIO対応のHDD,NICなどのドライバが無くデバイスを認識できないので
インストール出来ません。
どこかGMO系のVPSではインストールディスクの切り替えが出来るみたいで
ISOインストールでもVirtIO有効に出来るみたいです。
私的にはGMO系で痛い目に逢っているので使う事はないです。

スポンサーリンク

関連する記事(一部広告)