DNS設定 A,CNAME,MXレコード

DNS設定をバリュードメインやBINDで設定るる
方法を紹介します。
DNSの設定するレコードを紹介します。
V:ではバリュードメインのせって方法です。
B:はbindでの設定方法です
違っていたらゴメンなさい。

Aレコード
V:A {sub} 0.0.0.0
B:[sub] IN A  0.0.0.0
Aレコードでは[sub]に対する宛先のIPアドレスを指定します。
ルードドメインに設定する場合は[sub]を@に
ドメインすべてに設定する場合は[sub]を*にします。

CNAMEレコード
V:cname [Q1] [Q2] B:[Q1] CNAME [Q2] CNAMEレコードはIPアドレスでなく、
別のサブドメインや他のドメインに宛先を指定します。
[Q1]がサブドメインで[Q2]が指定する別名です。
サブドメインでも別ドメインでもOKです。
通常はAレコード同様サブドメインの部分のみでも良いですが
他のドメインを指定するときは最後にピリオドを入れます。
例)homepage.xto.jp. CNAME homepage.eax.jp.

MXレコード
V:mx [MAIL] [優先度] B:IN MX [優先度] [MAIL] MXレコードはこのドメインでのメールサーバ
を指定します。
[MAIL]にメールサーバを入れます。
最後にピリオドを必ず入れます。
[優先度]は複数のメールサーバーがある時
優先度の高いサーバを小さい値、
低いサーバを高い値にします。
1つしか無い場合10をとりあえず指定しておきます。
例)  IN MX 10 mail.eax.jp.

あと、NSレコードがありますが
多分使わないと思うので割愛します。
別のネームサーバを指定します。
例)  IN NS names.eax.jp

BINDではもっといろんな事が有ります。
また別の機会にします。
ちなみに例で書いたホスト名は存在しません。

スポンサーリンク

関連する記事(一部広告)