DNS設定の確認DIGコマンド

DNSの設定が間違ってないか確認するのに
DIGコマンドを使います。

DNSの設定を確認するのに
NSLOOKUPコマンドがありますが、
NSLOOKUPはホストを入力してIPアドレス
が帰ってくるだけです。

DIGコマンドの場合
パラメータにanyを指定すれば
AだけでなくNS,MX,CNAMEレコードも
確認可能です。

WindowsにはDIGコマンドはありませんので
DIG Windowsなどで検索してください。
実行に時間が掛かる場合はプロバイダの
ネームサーバを指定する必要があります。
c:WindowsSystem32driversetcresolv.conf

nameserver 0.0.0.0
と記載してください。

使い方は
dig [@ネームサーバ] ○○○○.com [パラメータ] []の部分は省略可能です。

ネームサーバははじめに@を入れてください。
省略するとプロバイダのネームサーバに
問い合わせをします。

次にクエリ、
問い合わせをするドメイン、ホストを入力します。

次にパラメータ
A NS MX CNAME
と入力することで特定のレコードを表しすることもできます。
ANYと入力すればすべてのレコードが表示されます。

結果が、
statusがNOERROR
ANSWERが1以上なら問題無いです。

statusがNXDOMAINの場合
ドメインが存在しない。

SERVFAILの場合
ネームサーバにエラーがある。

ANSWERが0の場合は
Aレコードが1つも無い状態です。

SERVFAILは自分でネームサーバを
立てない限り見る機会は無いと思います。

スポンサーリンク

関連する記事(一部広告)