さくらのVPSへの接続はSSHを使います。
さくらのVPSのコントロールパネル上にリモートがありますが、
通常はSSHを使います。

たぶん設定を間違えてSSHでアクセスできなくなったときは
使うことになるでしょう。

TeraTermで接続する前にVPSを起動しておく必要があります。
さくらのVPSのコントロールパネルで

上の様にステータスが稼働中になっている場合は起動しています。
ステータスが停止になっている場合は仮想サーバ操作にある
起動ボタンをクリック後、しばらくしてから画面を再読込して
ステータスが稼働中になってるのを確認してから次に進んでください。

まずはTeraTermのインストールは終わらせておいてください。
TeraTermを起動するとこの画面になります。

TeraTermからさくらのVPSへの接続

この画面でサービスをSSHにして
ホストをVPSのIPアドレスにします。
ポートは現段階では22番を使用しますが、
できるだけ早く変更することを強くおすすめします。
入力したらOKをクリックします。
取得しているドメインがある場合はドメインをIPに割り当てても良いですが
初期設定ではIPアドレスで接続します。

IPアドレスとポート番号が合っていれば次の画面が出ます。

①にユーザ名。初期設定ではrootを入力します。
できればrootをログインには使えなくすることをおすすめします。
②はメールで送られてきたrootのパスワードを入力します。
TeraTermではCtrl+Vが使えないのでメールからパスワードを貼り付ける
時は右クリック→貼りつけで貼り付けることができます。
rootのパスワードはこの後変更しておくと良いでしょう。
passwdコマンドで変更できます。パスワードの管理に注意してください。
③、④はRSA鍵を使う時に使用します。
③のチェックを入れて④をクリックして秘密鍵(id_rsa)を選択します。
よければOKをクリックします。

認証がOKならSSHの画面が表示されます。

こんな画面が表示されればOKです。

サーバー起動後にやること