Webサーバ・apache(httpd)のインストール

今回はhttpサーバであるアパッチのインストールを行います。
さくらのVPSの標準OSであるCENTOSにはyumという
パッケージ管理システムが備わっているのでyumを使ってインストールします。

yum install httpd -y
インストール実行

chkconfig –level 345 httpd on
自動起動設定ON

これだけでは次回起動時にしか、
httpdが起動しないのでまず、設定を変更してから
サービスの起動を行います。

設定は/etc/httpd/conf/httpd.conf
をviなどで行って下さい。
httpd.confの設定は私も詳しくはわからないですし
いろいろと細かいので調べてください。

設定が終わったらサービスの起動を行います。

/etc/init.d/httpd start
サービスの起動

次の行にこのように表示されればOKです。
Starting httpd:                                            [  OK ]

設定が違っているとOKではなくNGと出ます。
その場合は再度、設定を直してから再度起動させてください。

スポンサーリンク

関連する記事(一部広告)