public_htmlディレクトリの作成

ftpやhttpでアクセスした時のファイルの保存先が
public_htmlです。

前のサーバでは/public_htmlにしていましたが、
今のサーバでは/wwwにしています。

/wwwの方が文字数が短いですし、SSHなどで入力する時に
より簡単なので/wwwにしています。

リナックスではc:とかいう概念が無いので以下のコマンドで
作成すれば、/public_html/がそのディレクトリになります。

cd /
mkdir public_html

これでpublic_htmlディレクトリが作成されました。
今後、apacheやサーバの設定はここをベースに行うので
気をつけてください。

もし他のユーザがいれば
/home/ユーザー/
などに作成する場合もありますがVPSなので
ルート上に作ってしまいます。

/public_htmlを作っても私の場合
その上にバーチャルドメインを置くので
/public_html/eax.jp/となります。

なのでhttpでは/public_htmlにアクセス出来ないので
/public_htmlにはバックアップ様のスクリプトなどを置いています。

スポンサーリンク

関連する記事(一部広告)