こんどはRemoveDirectory関数を使ってフォルダ(ディレクトリ)
を削除します。
この関数を使う場合は対象となるフォルダは空にする、
必要があります。
対象フォルダが空でない場合関数は失敗します。

#uselib "kernel32.dll"
#cfunc RemoveDirectory "RemoveDirectoryA" str

ret =RemoveDirectory("C:\\aa\\")
if(ret = 0){
dialog "失敗"
}
end

戻り値
関数が成功するとretにtrue
失敗するとfalseが入ります。