SambaサーバやWindowsファイル共有をローカルドライブの様に
してしまう方法を紹介します。

1.セキュリティ警告を出さない
ファイル共有やSambaサーバ上にあるファイルを開いたり
プログラムを実行するとセキュリティ警告が出てきます。
すると、プログラムを実行するたびにダイアログが表示
されるので面倒です。
そこでインターネットエクスプローラで設定をすることで
警告を回避出来ます。
詳しい方法はこちら
Windowsのセキュリティ警告画面を出したくない!
XPでの方法ですがIEでの設定方法はWindows7でも同じです。

2.ローカルドライブの様にアクセスする
ファイル共有にアクセスするのは\\server\data
といったUNCパスでアクセスする必要があります。
しかし、UNCパスには対応していないソフトが有ったり
入力が面倒なのでローカルドライブの一部としてファイル共有を
使う方法はあります。
それがシンボリックリンクです。

シンボリックリンクの作成方法はこちらから。
削除方法は、シンボリックリンクは一見普通のショートカットに
なっているのでそれを削除すればシンボリックリンクも解除されます。

シンボリックリンクを設定するとローカル(c:\data\)にアクセスしているのに
実際はファイル共有(\\server\data\)のファイル操作をする事が出来ます。

シンボリックリンクの詳しい情報はこちらシンボリックリンク【symbolic link】

しかし、フォルダを開いたままスリープに入ったり、ネットワークが切断されると
ネットワーク エラーのダイアログ

が表示されるので注意して下さい。