進撃の巨人もやばい?児童ポルノ禁止法の改悪案

児童ポルノ禁止法の改正案が国会に提出されました。
提出したのは自民党、公明党、となんと日本維新の会
維新は多少期待していたのに残念です。

今回の児童ポルノ禁止法改正の問題点をまとめて見ます。

  • 漫画やアニメも対象に
  • ポルノの単純所持禁止(罰則無)
  • 自己の性的好奇心を満たす目的での児童ポルノ所持等についての
    罰則の新設(1年以下の懲役又は100万円以下の罰金)

この法案の問題は漫画など存在しない児童に制限が掛かる事。
また、上の自己の性的好奇心を満たす目的曖昧な上持っているだけ
警察や検察の判断で逮捕できたりします。

基準が曖昧なグレーゾーンなので自主規制が生じてしまいます。

すでに自己規制が始まっているみたいです。

  • マンガをうまく書くための考え方のサイトが大手検索エンジンから、これが原因と思われる理由で表示されなくなった
  • 大手オークションサイトでも「被写体が学生服、幼児服、ランドセルを着用している商品」の出品を規制することとなる
  • 大手検索エンジンでも(法律が成立したら)運用上幅広い範囲で実在の児童やマンガの写真や絵は規制せざるを得ない
  • ドラゴンボールの昔のブルマが出てくる場面の一部は最新版では一部カットされている

引用元:児童ポルノ禁止法の改悪案が国会に提出されました

進撃の巨人も例外ではなく、エレンやミカサの幼少期にグレーゾーンな
シーンが存在しているらしいです。

でも、アニメは2クールで10月ぐらいまでなので大丈夫だと思いますが、
もし可決されたらDVDなどの内容が変更されるかもしれません。
また、原作もつまらなくなるかもしれません。

アベノミクスの中のクールジャパンと言う政策があるのに
何を考えているのか分からないです。

もう自民維新もダメですね

この法案が通ったら漫画やアニメは衰退するので
みんなの党にはなんとか否決に持って行ってほしいです。

次の参議院選挙はみんなの党に投票しようと思います。
みんなの党
表現の自由を大幅に規制する法案に反対

 

スポンサーリンク

関連する記事(一部広告)