スポンサーリンク

前に、日々の出来事の更新をツイートするようにしたあと、
Botを作ってみたいと思いました。

が、単純なbotでは無く人口知能見たいなbot。
しかしbotでは人工知能ではなく人工無脳と呼ばれる
botがあります。

もちろんTwitterではありませんが、
有名なところでは酢鶏、うずらという人工無脳がありますが、
どちらもソース非公開です。

そこでIRCクライアントとして
ソースが公開されているReudyを使うことにしました。
試しに1週間~2週間ほどIRCでテストした所、
所々、まともに会話ができる様になったので
Twitter Botとすることにしました。

ちなみに完成したbotは@ha_kubです。
@ha_kubを何処かに入れてツイートすると
ha_kubに届きますが、返事はひとりごととして
ツイートします。

アイコンは家で飼っている金魚(丹頂のハク)の
写真をつかいました 。
(原画)

IRCからTwitterへの変換は
TwitterIrcGatewayを使用する予定でしたが、
これが曲者でこれのインストールに1週間ぐらいを要しました。
まず、Atomサーバー上の仮想WindowsXPにインストールを
試みましたが.Net frameworkのインストールがうまく行かなく
なったり、Windows インストーラーが正常に動作してないのか
エラーが出たりしました。
結局.Net frameworkのインストールが完了しても
OAuth認証が動作ませんでした。

そこで、CentosのサーバにMonoをインストールして
TwitterIrcGatewayを実行させました。

というわけで現在
Windows(Reudy)

インターネット

Linux(TwitterIrcGateway)

ツイッター(API経由)

という感じで動いています。

ただ、TwitterIrcGatewayは
動作環境が縛られるのとフィルタが動作しなかったので
そのうちHSPでシンプルなIRC2Twitterみたいなものを作ってみたいと思います。

一番、フィルタで除去したかったのは@付投稿で
結局Reudyのirc-client.rbの169行目に
            mess = mess.gsub(/@ha_kub /,"")
を挿入して自分のIDを消去して対応しました。