処理ログについて(StorageSweeperヘルプ)

処理ログは
sswp.exeと同じフォルダに作成される、
sswp_log.txtです。

sswp_log.txtには処理開始、終了時間、
ドライブ情報、消去方法、処理結果などは
記録されています。

消去処理を行うたびに上書きされます。

↓が処理ログサンプル

StorageSweeper  消去処理ログ
Version.2.26B

ドライブ情報(消去対象のドライブ)
==========================================================
ドライブ: C
容量:9GB
種別:固定ディスク
ラベル:システムドライブ

消去方法
==========================================================
上書き値は10進数で0~255(256以上は乱数)
上書き回数:1回
1回目の上書き値:0

経過
==========================================================
開始:2009年4月7日-23時59分
フォーマットは行わず、空き領域のみの抹消を行います。
Cドライブが選択されたため、空き領域のみの抹消を行います。
1パス目開始:2009年4月7日-23時59分
消去処理が正常に完了しました。
終了:2009年4月8日-0時0分

==========================================================
990[EOF]

項目別に説明します。

ドライブ情報
消去対象のドライブの
ドライブ名、容量、種別、ラベル(ある場合のみ)
を記録します。

消去方法
消去で上書きする回数と、上書きする値を記録します。
256の値は値では無くランダムな値(乱数)になります。

経過
経過では処理開始から終了までの、
状況を記録します。
下記では重要な項目を説明します。

・開始: と 終了:
処理の開始時間と終了時間です。
終了時間があっても処理が正常に終了しているかは、
分かりません。

・消去処理が正常に完了しました。
消去処理が正常に終了しました。
この行が無い場合、エラー等が発生して、
処理が完全に出来ていない場合があります。
通常は終了:一行前に位置しています。

スポンサーリンク