StorageSweeper 2.3

StorageSweeperのバージョン2.3を完成しました。

いままでの機能に変わりはありませんが、
ファイル消去の機能を強化しました。

まず、処理の選択する画面の作成と、
ファイル消去の最大サイズを設定出来るようにしました。

ただし、ファイルサイズによってはメモリを使うので
注意して下さい。

現状、ドキュメントはありません。(本体のみ)

今後、htmlヘルプからhtmlへ変更しようと思います。
画像(スクリーンショット)や複数ページを1ファイルにまとめられるは便利ですが、
Windows’やVistaでは表示できない場合がありますし、マイクロソフトは
Microsoft Assistance Markup Languageに移行しているので一番確実なhtmlに
したいと思います。

ただし、複数のページやスクリーンショットは同梱できないので
オンラインメニューとして日々の出来事にリンクする形式を今後取りたいと思います。

古いバージョンなので削除しました。
StorageSweeper より最新版をダウンロードして下さい。

スポンサーリンク

関連する記事(一部広告)