ホテイアオイの代用にもなるメダカ用毛糸で作った産卵床

めだかのたのしい飼い方
ホテイアオイを入れてしばらくしていたらメダカが卵を産んでいたので、
ホテイアオイごと稚魚用水槽へ移動させました。

他にホテイアオイが無かったため
メダカに卵を産ませる産卵床を作りました。
材料は家に余っていた毛糸。

普通の太さから太めの毛糸がいいと思います。
と、毛糸だけでは浮いてしまうので、
おもりも必要です。

作り方

毛糸を一定の長さに切って、
下の方を結んで、下の方におもりを付けます。
すると、水草みたいになります。

水槽に入れた後、上からの写真

ホテイアオイの代用にもなるメダカ用毛糸で作った産卵床

水槽に入れる前に一度水洗いして下さい。
産卵床にある程度卵があったら別の水槽に移動した方がいいでしょう。

メダカは自分が産んだタマゴであっても食べてしまうからです。
また、稚魚も食べられてしまうため、親魚の口より小さい場合は一緒にすると
食べられてしまいます。

あとがき

最近が、ホテイアオイや産卵床は使わずに直接採卵しています。
卵を持っているメダカから直接採卵して水道水で消毒するので
孵化率が高い様に感じます。
【関連】卵を持ってる母メダカから手での採卵方法

スポンサーリンク

関連する記事(一部広告)