めだかのたのしい飼い方
めだかの目が飛び出てしまう病気です。

メダカの眼球が飛び出てしまう・ポップアイ

眼球が飛び出てしまう病気ポップアイになってしまった白めだか

原因菌は立鱗病、松かさ病などと同じエロモナス菌と言われていますが
このポップアイもエロモナス菌が原因ですが、
発症は水質悪化、エサのやりすぎなどと言われています。

ポップアイが発症すると回復は難しいと思いますが、
一旦隔離します。

また症状が進むと眼球が取れる場合があるそうです。

治療薬と治療

水替えを行い感染予防のため隔離します。

治療には細菌性感染症治療薬
グリーンFゴールド、パラザンDなどによる薬浴を行います。

また、餌に薬を混ぜた経口投与も効果があるそうです。

ちなみに写真のポップアイ発症した白めだかは同じ水槽で
隔離しています。
発見したのは昨日の日曜日。
とりあえず塩水浴をさせてホームセンターでグリーンFゴールド顆粒を
買ってきました約1200円でした。
顆粒なので、計るのが難しいので白めだかを隔離している容器の水が
ビタミンウォーターの色ぐらいまでグリーンFゴールド顆粒を投入しました。
しばらくこれで様子を見ます。

小さい容器なのですぐ水が汚れるので容器内の水替えを
行いしばらく様子を見ます。