メダカ水槽の外掛け式フィルターの排出側にウール追加

めだかのたのしい飼い方
メダカ水槽のフィルタにリング状濾材を使用していますが、
細かい汚れを取るために、出口側にウールを追加しました。

ウールは百円ショップで買った物で、下までは入れず、
上に載せる感じで置いています。

また、リング状濾材に汚れが溜まったとき、
リング状濾材のカートリッジを振ると汚れが出てくるので
掃除にも使えます。

ウールを置くと、水量が制限されるらしく、水流が多いとオーバーフローが
発生するので水流は少なめで調整しています。

出口側にウールを配置した外掛け式フィルター

前は、ポンプの後にウールを入れていましたが、
ポンプの前だとフンなどの汚れが溜まりやすくウールの交換時はポンプを
止める日必要があるのせ今回は出口側に配置しました。

ただし、
ウールを出口側に配置するとリング状ろ材に汚れが溜まりやすいので
リング状ろ材を取り出して洗う回数が増えると思います。

出口側だと、ポンプを止める必要も無くウールを交換できるので便利ですが
ポンプを止めないと、多少ぼ汚れが水槽に流れてくるので要注意です。

スポンサーリンク

関連する記事(一部広告)