転覆気味なピンポンパールにR-1ヨーグルト入りの餌を作った

転覆病、金魚界の指定難病に指定しても良いと思うぐらい
これで治る!といった治療法はありません。

断食させてもダメ!
外でリフレッシュさせてもダメ!

今度はビオフェルミンを試そうと思いましたが、
無くなったので朝食べているヨーグルトR-1を混ぜた餌を作って
与えてみました。

ヨーグルト入りの餌の作り方

作り方は金魚のエサ、今はコレ

コレを乳鉢で粉砕します。

粉砕と言っても粉末状にするので10分ぐらいは混ぜてました。
腕も疲れるので、今後この餌を続けるなら薬の空き瓶を使って
ボールミルを自作しようかと思います。

次に出てくるのがR-1ヨーグルト。

インフルエンザの予防効果のあると一時品薄になったヨーグルト。
本当かどうか分かりませんが、何年もインフルエンザには罹ってません。

金魚はインフルエンザにはなりませんが、
乳酸菌が腸の環境を良くしてくれると思いました。

後は粉末になった餌と、ヨーグルトを混ぜるだけ!

R-1ヨーグルト入り転覆気味ピンポンパール用病食

柔らかいと金魚が食べる前に溶けてしまうかもしれないので
なるべく固めに、固くする時は粉末になった餌を追加してよく混ぜます。

ちなみに、R-1ヨーグルトのフタの上で、爪楊枝を使っています。

ヨーグルト入りの餌をピンポンパールに与えてみた

まだ、実験段階の部分もあるので水槽では無く、
ビーカーに転覆気味なピンポンパールを移して餌やり開始です。

ヨーグルト入りの転覆病食と転覆気味なピンポンパール

餌を与えたのはこの1匹のみ、他は転覆病はありません。
また乳成分は未体験な未知な領域、全滅は避けたいので1匹のみに与えました。

適当な大きさに爪楊枝で作って与えます。
大きさは金魚の口の大きさを考えて作って下さい。

水の中に落ちてもすぐには溶けないのですが、
なんだか、始めた時と水の色が不透明になっています。

水を汚すヨーグルト入りの餌

こちらを御覧ください。

ヨーグルト入りの転覆病食を食べ終わったピンポンパール、水が不透明に

 

始めの写真と比べると水がかなり汚れています。
粉末を使ったのでこれぐらいはしょうがないのでしょう、水槽では与えられません。

もちろんこの水も水槽には戻せません、金魚だけ戻しました。

あとがき

朝与えて、帰ってきたらコイツにしては珍しい太いフンをしていました。
まだ転覆気味は治っていません。

これが吉と出るか凶と出るか。

また、時々作って与えてみようと思います。

それにしても乳鉢でのすりつぶすは疲れるのでボールミルが欲しいです。

スポンサーリンク

関連する記事(一部広告)