転覆気味なピンポンパールをグリーンウォーターに移動させた

室内の水槽で飼っていたピンポンパール。

3匹の内1匹が転覆病気味で見ていないと水草に引っかかって
じーっとしています。

他の2匹に転覆はありませんがこの1匹は持病となっていて、
とある図鑑に将来的には転覆する可能性が高いと書かれています。

転覆はピンポンパールの宿命なのかもしれません。

私が近づくと餌がもらえると思い、水面に上がってきますが、
基本的にはこんな風になっています。

水草に止まって休む転覆気味なピンポンパール

今回は、リフレッシュのためそのグリーンウォーターに移動させてました。

グリーンウォーターで転覆気味なピンポンパールをリフレッシュ

期間としては1週間ぐらい。

引き上げたグリーンウォーターに入れていた転覆気味なピンポンパール

 

この写真はグリーンウォーターで泳いでいたのを捕まえた時の写真。
真緑なので、転覆しているのかは分かりませんがのびのび泳いでいました。

外の水槽の中では、メダカと同居していました。

外の水槽では元気そうでしたが、尾びれに充血が見られたので室内の水槽に戻しました。

結局、改善してなかった転覆病

室内に戻してしばらくしたら、また元に戻っていました。
なかなか、転覆病はしぶといです。

 

【関連】対処法は千差万別!金魚ピンポンパールが転覆病になった原因と治療法

あとがき

グリーンウォーターでリフレッシュしても改善は無し。

今までは餌を1週間断ったりしましたが改善は見られません。

今度は、ココア浴や人間の薬であるビオフェルミンを
砕いて与えてみようかと思います。

治らなくも、室内で飼っていれば死に至る病気では無いので
のんびり、いろいろ試しってみます。

スポンサーリンク

関連する記事(一部広告)