ミナミヌマエビの越冬の時に出来たエビ団子

屋外で越冬中のミナミヌマエビ。
夏に増えすぎたのでメダカ同居組と
発泡スチロール組に分けました。

冬も寒くなってくるとエビの動きも活発では無くなり、
発泡スチロール組は隅の方でエビ団子が出来ていました。
ミナミヌマエビの越冬の時に出来たエビ団子

ちなみに、昼間など温かくなるとエビ団子は解けて無くなりますが、
朝など冷え込むとまた出来るみたいです。

水面に氷が張っても生きています。
ただし、氷の影響を最小限に抑える為、水はギリギリまで入れてあります。

今の所、数匹寒さに耐えれなかったのか死んでしまいました。

スポンサーリンク

関連する記事(一部広告)