AX-30にディフューザー導入

AX-30はテトラ製の外部フィルタ-です。

そこに、エアーレーションをしたかったのでディフューザーを
付けました。

しかし!テトラにはディフューザーが無いので
自作するか他社を無理やり付けるしかありません。

そこで使ったのがエーハイム。

まずは1回目
使ったのはEHEIMの4004651という型のディフューザー。

エーハイム ディフューザーΦ12/16&16/22mm用(4004651)

ディフューザー(12/16φ)(16/22φ)4004651
近くの三貴フラワーセンターペット館で買ったら1575円でした。
これを使うとAX-30のエルボーにはまるので無改造で導入できます。
しかし!エアーが出ない…..
検索すると水量が少ない様です。

次に2回目
ディフューザー 1005用

エーハイム ディフューザー (φ9/12mm用) (4003660)

 

今度は太さが細いので考えた結果、

1回目ディフューザーのジョイントパイプにディフューザー 1005用を
突っ込んでみました。
結構、しっかり入るので固定などはしなくても良さそうです。

気になるエアーの量は少なめですが、
しっかりエアーが出ています。

ただし、水の出口が狭くなりノズルみたいになって
水流が強くなるのでメダカなどの小型魚には不向きだと思います。
AX-30を使っている水槽では金魚が入居していますので比較的
強い水流でもOKです。

スポンサーリンク

関連する記事(一部広告)