水中フィルターVer2.1・目詰りの為プロたわしを鉢底ネットに変更

3月に作った、より小型になった自作フィルタ。
【関連】より小型になって静かな水漏れしない水中フィルターVer2の作り方

先週、水槽の水が白く濁ってきたので水換えもしました。

しかし、中々濁りが取れないので、フィルターから出る水の流量が少ないので
プロたわしを洗い元の戻しましたが、再発したのでプロたわしから
鉢底ネットに変更しました。

目詰りの為プロたわしを鉢底ネットに変更

水中ポンプ式フィルターVer.2の構造

水中ポンプ式フィルターVer.2の構造。

今回変更したのはポンプの前にあるプロたわし。
プロたわしはウールが動いてポンプに入って、インペラーに絡むのを
防ぐ目的で入れています。

ただ、目詰りする様で、切った鉢底ネットに変更しました。

水中ポンプ式フィルターに入れた鉢底ネット

 

交換後は、水量が増えました。

鉢底ネットに交換してから数日が経ちましたが、
水の透明度が戻った様に感じます。

あとがき

水が濁っていても、No2がほとんど検出されず、
No3も大丈夫な範囲。

もしかしてとアンモニア用の試薬も買ってきました。

アンモニアも大丈夫な範囲で、水換えのと、フィルターの流量減少で
雑菌が繁殖して白く濁っていたのかもしれません。

しかし、アンモニアをチェックするには、3つの試薬を7滴、14滴、7滴と滴下して
色の出現のため、20分ほど待つ必要があるので面倒です。

スポンサーリンク