スポンサーリンク

現在裁判までなっているArduino.ccとArduino.orgの内部分裂。
今後、どうなるのか心配です。

Arduinoのグループ分裂前

元々はArduino LLC。
この会社はArduinoのソフトの開発、経理、コミュニティの運営などを
担当、arduino.ccもこの会社です。

また、Arduinoの名称とArduinoのロゴ
(無限マークに+ と - が入ったロゴ)
商標登録されているので、勝手に使う事は出来ません。

日本国内ではArduino SRLの前身、Smart Projectsが
商標登録しています。

一方、Arduinoの製造を担当していたのがArduino SRL
SRLは日本でも有限会社にあたる様です。

元々はSmart Projectsという社名でしたが、Arduino SRLに変更した様です。

Arduino.ccとArduino.orgの内部分裂

現在、元々あったarduino.ccとは別にarduino.orgのサイトが
出来ています。

今回の内部分裂はArduinoチーム5人の中の1人、
Gianluca Martino氏が長く経営してるArduino SRLが
arduino.orgのサイトを作った様です。

アメリカなどではArduino LLCが商標などの権利があり
現在4件以上の裁判で係争中だそうです。

【参考】Arduino戦争:グループ分裂、そして新製品の登場
【参考】Arduinoの内部分裂について

まとめ

当分は、どうもならないと思いますが、
できれば仲直りして欲しいです。

このまま分裂してもソフトはLLC、ハードはSRLとバラバラです。

また、日本ではSRLが権利を持っているので新たに工場を作るなど
してもLLCからarduino製品を買う事は出来ません。

かといって、SRLから買うとなるとLLCにお金が回らないので
今までのコミュニティやarduinoの文化などが失われそうです。