余ったACアダプターで4ポートusb充電器を作った

iPhone4Sが増え、iPhone純正の充電器だと1ポートしか無いので
4ポートあるusb充電器を作りました。
目指すは、Anker 40W 5ポート USB急速充電器 です。

余ったACアダプターで作った4ポートusb充電器

余ったACアダプターで作った4ポートusb充電器

 

全部で4つのUSBポートがあり、電源は5VのACアダプターを使用しています。

余ったACアダプターで作った4ポートusb充電器で使用しているACアダプター

ACアダプターは使わなくなったポータブルDVDドライブ用のACアダプター。
容量は5V/2.2A = 11Wなのでスマホだけなら何とかなるかもしれません。

タブレットを充電をするなら素直にAnker 40W 5ポート USB急速充電器を
買った方が良いです。

余ったACアダプターで作った4ポートusb充電器の内部

余ったACアダプターで作った4ポートusb充電器・の内部

このUSB充電器にはACアダプター用のコネクタとUSB端子、
渦電流、ショートを防ぐポリスイッチ、
リップル除去用に気休めですが電解コンデンサ(OS-CON)
を入れています。

ACアダプターからはUSBのVCCとGND端子に接続して
D+とD-端子同士をショートさせています。

ショートさせることでACアダプターと認識して電池の残量が少なければ
約1Aの急速充電します。

一度、iPhone4Sと5Sを同時に充電してみましたが、両方充電されました。
USBの電圧・電流をチェック出来るRT-USBVA2で確認しても
約5Vを維持していましたが、更にUSB放電器で1Aの負荷を掛けると
4.5V近くまで降下してギリギリでした。

あとがき

基板とコネクタは元々あったのでUSB端子の2つの部品で約600円。
結構安くで出来ました。

基板は昔買ったシャープのソーラーモジュールに付属していたのが
たくさんあったのでそれを使いました。

ACアダプターのコードが1.5m程あり、この充電器をベッド付近に置き
iPhoneを枕元の置くと言った使い方も出来ます。
この、アプリ使うときに重宝しそうです。

いびきラボ (SnoreLab)

200円
(2014.06.22時点)
posted with ポチレバ

ただ、ACアダプターのコネクタが抜けやすいのが難点です。

 

スポンサーリンク