2月にクラウドファンディングしたFoldio2。

Foldio2の1番の特徴は、薄くたためる事、厚さは約1センチぐらいになります。
小さくたためる上に、背景をつける事が出来たり、
LEDライトまで付いているので、オールインワンです。

Foldio2を使ってみた

Foldio2はすべてマグネットで止まっているので
少し力を加えると、外す事が出来ます。

開いた後、上になる部分に留め具があるので
背景を止めてから、箱型にします。

Foldio2を開けて、背景を止めた所

背景は、当初は白・黒・グレーの3色でしたが、緑色が追加になり4色なりました。

Foldio2に付属していた背景4色

箱型に組み上げるとこうなります。

箱状に組み立てたFoldio2

付属していたLEDバー

LEDバーは、この位置に貼り付けます。

上の部分に貼り付けた、Foldio2のLEDバー

LEDバーは2本付いていますが、別の袋に入っているので
自分で貼り付ける必要があります。

LEDバーは1本でも十分明るいので、1本のみ付けています。

左側のACアダプタを接続するジャック、
右にON/OFFと明るさ調整が出来る黒く丸いボリュームが付いています。

スポンサーリンク

Foldio2で撮影してみた

前、1番くじで当たった、弱虫ペダルの小野田君フィギュアを撮影してみました。

まずは、緑背景

Foldio2、緑背景で撮影した弱虫ペダルの小野田君フィギュア

次に白背景

Foldio2、白背景で撮影した弱虫ペダルの小野田君フィギュア

白の方が良い感じ。
上からライトが当たるので、小野田君が持ってるボトルの部分に
影が出来ているので複雑なフィギュアの場合ライトの追加が必要になるかもしれません。

まとめ

早速、壊れました。
テープを貼り直して、簡単に直りましたけどね。

Foldio2テープが外れてマグネットがくっついた状態に

マグネットが、ネオジム磁石と強力なので剥がれやすいのだと思います。

Foldio2の販売

Foldio2はKickstarterやMakuakeで支援した人が手に入れています。

Makuakeで資金を募っていたスタジオ・エヌがアマゾンでの販売を始めた様です。