スポンサーリンク

現在、PS Auto Sitemap を使って表示しているサイトマップ。
記事が少ないブログであれば良いのでしょうが、このブログの記事は1200を超えて
いるので、そろそろ対処したいところ。

1ページに数千以上のリンクがあるのでユーザーから見てもわかりにくいし
Googleから見ても、あまりよろしく無いので今回はHTMLサイトマップをどうするか
考えることにしました。

前記事、
【関連】noindexに設定したWordPressのHTMLサイトマップ
ではHTMLサイトマップページにnoindexタグを設定しました。

wp-seo

 

HTMLサイトマップの改善案3つ

まずは現状を含めた3つ。

HTMLサイトマップに全記事を表示する

これは、記事数が少なければ一番良い方法!クローラーが巡回しやすいし!
会社などサービス系だと記事の一覧で見た方がわかりやすいと思います。

しかし、記事数が500ぐらい以下であれば問題無いと思いますが、
1000を超えるとちょっとマズイかも!

このブログのHTMLサイトマップ、リンク多すぎ!!

このブログのHTMLサイトマップ、リンク多すぎ!!が現状のこのブログです。

HTMLサイトマップを廃止して、カテゴリ&アーカイブをサイドバーに

この方法は、ジャンルを絞ったブログであれば向いていると思う方法。

HTMLサイトマップを廃止して、
全記事のサイドバーにカテゴリ一覧と年月順のアーカイブを表示します。

Matt Cuttsさんのブログや、海外SEO情報ブログなどがそうなっています。
(海外SEO情報ブログではカテゴリのみとなっています。)

ただし、このブログの様ないろんなジャンルの記事を書いている雑多なブログの
場合は、この方法は向かいないと思います。

このブログでやっているカテゴライズSEOでは
記事の関連性の無いリンクはなるべく張りたく無いので、
デフォルトではサイドバーにある最新記事一覧も同一カテゴリに絞って表示しています。

そこに、カテゴリやアーカイブを表示すると関連性の無いリンクが大量に増える事で
SEO的にはマイナスになる様な気がします。

でも、ユーザー的にはこれが一番良い様な気がします。
ブログの記事を探したい時に、カテゴリか年月別で表示されているので探しやすいです。

ただし、サイドバーを占拠するので却下です。

HTMLサイトマップにカテゴリとアーカイブを表示する

サイドバーだと占拠してしまうので
HTMLサイトマップにカテゴリ一覧と年月別のアーカイブを表示します。

現在、HTMLサイトマップは固定ページなので、固定ページテンプレートを改造すれな
なんとかなりそう。

ユーザーから見ても。果てしなく続くスクロールよりはカテゴリや年月別で
探せた方が便利だと思います。

この方法のHTMLサイトマップをやっているブログがあります!それは

この本の著者でもあるするぷさんのブログ、
和洋風KAIのサイトマップが同じ様になっていました。

まとめ

HTMLサイトマップはページランクをサイト全体に再分配出来るらしく有効みたい。
サイドバーにカテゴリやアーカイブ一覧を載せればHTMLサイトマップの変わり
にはなりそうです。

HTMLサイトマップはHTMLサイトマップにカテゴリとアーカイブを表示する方法に決定!
記事が多くてカテゴライズSEOをしているならこの方法しか無いと思います。

近日中に、弄り始めたいと思います。