バックリンク構築ソフトがうざかったのでスパム報告してみた

インフォトップでバックリンク構築ソフトがあったのでちょっと見てみましたが
掲載されているサイトのバックリンクを調べたら変なリンクがあったので
Googleに有料リンクのスパム報告しました。

Googleに有料リンクのスパム報告

 

ページランクを気にしたり、バックリンクを増やしても意味が無いSEO

最近、被リンクを廃止してオーサリングに移るとか話題になっていましたが、
実際は被リンクの重要度が下がるだけで被リンクが完全に無くなるわけではありません。

ページランクは2008年ごろは良く使われていましたが、
リンクだけの指標なのでページランクがあっても上位表示されていない事もあります。

また、Googleツールバーのページランク表示(TBPR)は更新が遅く3ヶ月から半年ごと
の更新で2013年は2月と12月、GoogleのMatt Cuttsさんもページランク更新の
重要性は下がっているので以前の様に定期的な更新に対しては懐疑的です。
【参考】Google、ツールバーPageRankを予期せず更新。理由は、偽装対応システムの修理のついで。
なので普通にサイトを運営するだけならページランクは気にしない方が良いかもしれません。

昔は被リンクは多いほどよいと言われ質より量でしたので相互リンクや中小検索エンジンへの登録
などをして被リンクを得ていました。
しかし、ペンギンアップデート以降は逆にリンクの量より質が大事になって来て
下手にリンクを集めるとペナルティを受ける可能性まで出てきました。

でも、スパムで集めたリンクでも一時的には効果があるのですが、
ペンギンアップデートで落とされたり、有料リンクの報告で落とされたりするので
上位表示される可能性もありますが、リスクも高いです。

バックリンクソフトの販売ページからいろいろ調べてみた

バックリンクソフトの販売ページに乗っているサイトを調べてみました。
あるサイトが載っていて、そのサイトは画像とキーワードとアフィリリンクで構成されています。
それでもページランクは4。

バックリンクを調べたらタイトルタグも入れてないページがたくさん出てきました。
たくさん出てきたページは同一ドメインで1ページに3000リンクあります。

リンクはアンカーテキストがキーワードになっていて、アンカーテキストで
検索すると上位表示されるサイトもありましたのでスパム報告しておきました。

バックリンクソフトも値段的には1万円ぐらいするのでソフトを買う余裕があるなら
記事を増やすなどの対策をした方が良いと思います。

参考になる書籍の紹介

中小企業など会社のサイトのアクセスアップなら

ブログのアクセスアップなら

スポンサーリンク

関連する記事(一部広告)