アクセスアップに効果が有るFetch as Google

Ping送信よりも効果があるかもしれない、Fetch as Google

Fetch as Googleとは

Googleウェブマスターツールの機能でgoogleに指定したURLのクローリングと
インデックスへの登録をリクエストする機能。

あくまでもリクエストなので、インデックスされる保証はありません。
eaxが試した時は1分ほどでキャシュされていました。

リクエスト出来る回数には上限があり、1ページのインデックスリクエストは
1週間500回まで、ページとページから直接リンクされているページの
インデックスリクエストは1ヶ月10回までです。

WordPressの場合、pubsubhubbubもあるので比較的早く
インデックスされる事もありますが、記事によりなかなかインデックス
されない時もあるのでそんな時にFetch as Googleを使うと良いかもしれません。
【参考】ウェブマスターツール Fetch as Google の「URLをインデックスに送信」で再クロールをリクエスト

Fetch as Googleでのインデックス方法

ウェブマスターツールのサイドバーにあるクロールからFetch as Googleをクリック

ウェブマスターツールのFetch as Google

インデックスしたいページのURLを入力。

Fetch as GoogleでインデックスしたいページのURLを入力

URLを入力したら、右の取得ボタンをクリック

すると、リクエストされた処理が完了しました。と表示されます。
下の方にリクエストしたURLが表示されていて正常に処理されていれば
右の方にインデックスに送信ボタンがあるのでクリックします。

 

Fetch as Google ページ取得後

インデックスに送信ボタンをクリックすると、送信方法の選択が出て来ます。

このURLのみをクロールするを選択するとURLを入力したページのみ
クロールされます。
このURLと直接リンクをクロールするを選択すると
そのURLとページから直接リンクが張られているページをクロールします。

Fetch as Google インデックスに送信

送信方法を選択して、OKをクリックすると、リクエストが処理されます。
OKをクリックすると
リクエストが受理されました。まもなく処理されます。
と表示されます。

Fetch as Google インデックスに送信後

 

まとめ

すべての記事をFetch as Googleでインデックスする必要はありませんが、
時事系のネタ例えば
【参考】auのiPhone向けキャリア設定アップデート16.1が公開
【参考】進撃の巨人57話・別マガ掲載のリヴァイの手配書が下ネタ祭りな件

などはFetch as Googleでインデックスさせることでアクセスアップの効果がありました

スポンサーリンク

関連する記事(一部広告)