スポンサーリンク

前から、ウェブマスターツール上で、
短いメタデータ重複するメタデータがあり、前回はカテゴリに説明を加えることで
短いメタデータを修正しようとしました。

しかし、カテゴリの属する記事が多いとカテゴリページが複数の分かれ
分かれたページでメタディスクリプションが重複してしまいます。

アーカイブページとは

アーカイブページはカテゴリーページ、タグ、年、月、日付、などいずれかに基づいて
投稿を集めたページを指します。

この場合は記事の寄せ集め状態なので、アーカイブの月ページなら
「2014年3月」の記事一覧と表示されるだけなので短いメタデータになってしまい、
その月の記事数が多いと複数ページに分かれるので重複してしまいます。

重複するなら、入れない方がマシ

カテゴリーページは説明+ページ数で何とかなるかもしれませんが、
アーカイブページ(年月ごと)は短いメタデータのままです。
そうなると入れない方が良いのではないかと思ってしまいます。

そこで見つけたのがこの記事
“Meta description”の重複が起きるなら、入れないほうがマシ

Googleの中の人、Matt Cuttsさんが質問に答える動画があり、
メタディスクリプションは有った方が良いけど重複するなら、消して処理を
Googleに任せた方が良いとの事でした。

事実、Matt Cuttsさんのブログ
Matt Cutts: Gadgets, Google, and SEO
でソースを見てもメタディスクリプション&メタキーワードはカテゴリページ
個別記事を見ても一切ありません。

賢威6でのアーカイブページでメタデータを表示させない方法

私はWordpressテンプレート賢威6 コーポレート版を使っているので
同じ方法を使える方は限定されるかもしれません。

アーカイブページ(カテゴリ、タグ、年月ごと、など)の判別に
関数is_archive()を使います。

is_archive()はアーカイブページならtrueそれ以外ならfalseを返します。

なので賢威以外のテーマの方
<?php if (is_archive() == false ) { ?>
メタデータ(メタディスクリプション・メタキーワード)
<?php } ?>
でアーカイブでのメタデータの表示を消せるかもしれません。

賢威の場合はヘッダー (header.php)の中9行目付近にある
<?php if (the_keni('view_meta') == "y") { ?>

<?php if (the_keni('view_meta') == "y" and is_archive() == false ) { ?>

に変えるだけでアーカイブではメタデータが表示されなくなります。
この場合、賢威の設定でメタキーワード・メタディスクリプションの表示が無効な場合
個別記事でもメタデータは表示されないので注意。
変更前にバックアップを取って自己責任でおねがいします。